ネットワーク構築で一番重要なセキュリティ

ネットワークシステムの脆弱性を守るセキュリティサービス

今から20年ほどまえに登場したパソコンの基本ソフトのOSは、それまでは政府などの公的機関や研究者などの一部の人たちぐらいにしか馴染みのなかったインターネットを身近なものにしました。それまでは専門知識がないと扱えなかったものを、もっとわかりやすくしたのです。そして、光ファイバー網などの整備、高速通信での大容量データの送受信が可能になるなど、通信環境の整備はインターネットの使用環境を快適なものにしました。ストレスを感じることなく利用できるようになりました。また、パソコンの高性能化やスマートホンの普及・進化もインターネットの普及に貢献しています。ネットワークサービス、ネットワークビジネスも急速にすすんでいます。自宅にいながら世界中と繋がることができるのです。このインターネットを通じて提供されるネットワークサービスは急速に拡大していますが、その安全を確保するセキュリティは追いついていない面があります。

また、ネットワークを標的にするコンピューターウィルスも暗躍をしています。一説によると新種のコンピューターウィルスは一日に約10万種類以上も発生されているといわれています。安心で安定したサービスを提供するには、こういったウィルスなどの危険からネットワークシステムを守る必要があります。多くはこのようなセキュリティは外部のセキュリティサービス会社に委託しており、その多くがシステムの監視や脆弱性を診断して、保守・強化を実施しています。このようなサービスが機能しているからこそ、私たちはネットワークを通じてさまざまなサービスを安心して利用することが出来るのです。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017ネットワーク構築で一番重要なセキュリティ.All rights reserved.