ネットワーク構築で一番重要なセキュリティ

ネットワークを利用する際のセキュリティ問題への対策

近年ではパソコンやインターネットの普及により、コンピュータネットワークを使用する人の数は格段に増えてきています。ネットワークを利用する際に最も気をつけなければいけないことは、セキュリティの問題です。インターネット人口が増えているということは、ハッカーやクラッカーにしてみれば、セキュリティに詳しくない、つまり獲物にしやすいユーザーが増えているということです。このような、コンピュータに詳しく、かつ悪意をもったユーザーは、他人のパソコンに勝手に侵入したりウィルスを巻き散らしたりして一般ユーザーを困らせるのです。時には情報漏えいや詐欺の被害につながることもあります。

このような被害を防ぐための対策はいくつか挙げられます。まず一つ目はセキュリティソフトのインストールです。セキュリティソフトはウィルスの感染を防いだり、万一感染した場合にも被害を最小限に抑えてくれる機能を搭載しています。二つ目としてあげられることは、データのバックアップを取っておくことです。万一ウィルスに感染してOSを再インストールすることになっても、バックアップを取っていれば安心です。三つ目は、怪しいサイトは開かない、怪しいメールは開かない等の日頃の心がけです。ファイルを暗号化したりパスワードをかけておくことも、重要な防衛策のひとつです。パソコンやインターネットの普及によって私たちの日常は格段に便利になりました。しかし一方で、今までになかったリスクを負っていることも、認識していないといけません。

Copyright (C)2017ネットワーク構築で一番重要なセキュリティ.All rights reserved.