ネットワーク構築で一番重要なセキュリティ

ネットワークにおけるセキュリティの関係と重要性

ネットワークにおいてセキュリティは切っても切り離せない関係にあります。インターネットを初めとしてネットワークに接続することは、ウイルス、情報漏えい、成りすまし等のリスクが常につきまといます。ウイルス対策ソフトをはじめ、ファイアウォール等を導入、またグループウェアにおいてはファイルに対するアクセス者の権限を限定するなど、セキュリティの問題はネットワークを構築する上において、重要な問題となります。

何故ネットワークにおいて、セキュリティは重要なのでしょうか。それは現在のネットワークはインターネットに代表されるように社内や一定の地域に限定されたものではなく、国内はおろか世界にネットワークを通じて情報の網が張り巡らされています。世界に向けて情報を発信できるというメリットがある反面、逆を言えば自分が意図しない情報も世界に向って漏洩するというリスクもあります。自分達のコミュニティだけで考えた場合、面と向って顔を合わせる面子だけなので、セキュリティに関してそれほど口うるさくする必要は無いという考えもありますが、ネットワークが地球規模で不特定多数に開放されているという現実を踏まえるとネットワークを活用する上でセキュリティの問題を切り離して考えるという選択肢は現実的に難しいところです。

例を挙げれば、企業の顧客データがネットワーク上に流出した、インターネットを使って他人になりすました、ウイルスに感染してデータが破壊された等、ネットワーク上でのトラブルが多発していることを考えるとセキュリティの問題はますます重要になってきています。

Copyright (C)2017ネットワーク構築で一番重要なセキュリティ.All rights reserved.